アテニアアイクリームの効果

アテニアアイクリームの成分は敏感肌でも使える!「エネリブートGY」配合でハリアップ

attenireyecreamseibun

アテニアのアイクリーム(アイエクストラセラム)は、これ1本あるだけで、目元の全方位にハリをめぐらせる美容液。

だから、「まぶたのたるみ」、「目の下のしわ」や「目尻のしわ」といった目元の3大エイジングサインの悩みに働きかけてくれる万能アイクリーム

だけど、他のブランドは、目元のしわとエイジングサイン専用のアイクリームは別々だったりします。

「どんな成分が入ってるから、目元のエイジングサイン全般に良いんだろう?」
「だけど、目元って皮膚が薄いから心配…。敏感肌でも使えるのかな?」

そう思い、アテニアアイクリームの成分について調べてみました。

アテニアアイクリームの特長的成分 エネリブートGY

attenireyecreamapproach

見た目印象、そして見た目年齢の1番の決め手となるのが目元。

アテニアのアイクリーム(アイエクストラセラム)は、アテニア独自開発成分である「エネリブートGY」という成分が配合されています。

この、「エネリブートGY」とは、1つの成分ではなく、コメ胚芽油と酵母ペプチドを合わせた成分なんです。

この「エネリブートGY」とは、簡単にいうと、肌の内側から肌力を底上げして、うるおいとハリを与えてくれる成分です。

エネリブートGYと目元の肌老化の関係

目元のエイジングサインは、個人差がありますが30代から出てきます。

そして、40代になると、なんと、2人に1人が目元がぼんやりしてきたといった悩みに直面しているんだそう!。ホント!?

  • 目元がはっきりしない
  • タレ目になってきた
  • 目が小さくなってきた

個人差があるので、もしかすると、まだ、こういったエイジングサインを感じてないかもしれません。

ですが、

  • 目の下のクマ・くすみ
  • 目元のしわ
  • 眉間のしわ

こういった悩みはありますよね?

もちろん、目元は皮膚がとりわけ薄い、肌奥部の真皮内コラーゲン量などの低下、目の周りの眼輪筋という筋肉の低下によってもこういったエイジングサインが出てきます。

ですが、目元のエイジングサインには、目元の毛細血管も関わってくるんですよ。

加齢によっても、目元の毛細血管の血流が低下して血行不良になってしまうんです。

そして、毛細血管の血流が低下するだけでなく、血管そのものの数が減ってしまう事が近年の研究で明らかになっています。

bloodgeneration

目元は、毛細血管が多いんです。それなのに、血行不良になってしまうと、お肌に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。

その結果、肌細胞の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまうので、シミ・くすみ・しわといったエイジングサインが出てくるんです。

そして、最終的には、ハリが失われて、目元がはっきりしない・タレ目になってきた・目が小さくなってきてしまうといった「目元のゴースト地帯化」が進んでしまうというわけなんです。

こうした目元の「ゴースト地帯」に着目したのが、アテニアの「エネリブートGY」なんです。

attenirjimigao

 

まとめ

加齢による目元の毛細血管自体の減少
加齢による目元の毛細血管の血流の低下

血行不良

ターンオーバーが乱れる

目元のしわ・クマ・くすみ
目元がはっきりしない
タレ目になってきた
目が小さくなってきた

エネリブートGYの登場!

血行不良の原因は他にもある

血行不良になる原因は、加齢だけでなく生活習慣も関係しています。

  • 睡眠不足
  • PC・スマホを長時間使っている
  • ストレスがたまっている
  • 疲れやすい
  • 喫煙

こういった生活を送っていると、血行不良になってしまうので、同じように、目元の老け感につながってきます。

目元ケアとして、蒸しタオルやホットアイマスクなどで目元を温めて血流を良くすると効果的ですよ。

エネリブートGYの成分・加水分解酵母

加水分解酵母とは、酵母より抽出したエキスで、酵母エキスともいわれています。皆さんも聞いたことがあるかと思います。

アミノ酸やビタミン、核酸、ビタミンB2、B6、ミネラルを豊富に含んでいます。

栄養豊富なので、味噌・醤油といった発酵食品や化粧品成分にも使われているんですよ。

加水分解酵母は、傷ついた皮膚細胞の修復作用や肌の水分を逃さないようにする作用があります。

また、保湿効果にも優れ、みずみずしさやふっくらさを与えてくれる成分。

アテニアのアイクリームでは、酵母ペプチドとして保湿効果の働きを高めるために配合されています。

エネリブートGYの成分・コメ胚芽油(こめはいがあぶら)

コメ胚芽油とは、玄米から白米に精米する時に取り除かれる胚芽から抽出した油です。

コメ胚芽油は、食品用として使われることもあります。

美容では、江戸時代から、胚芽を含む米ぬかをパックにして色白を競っていたという話があるほど、美白効果が昔から言い伝えられているんですよ。

コメ胚芽油は、美肌と透明感に対して働きかけます。

美肌効果

皮脂の分泌を促して水分量を保つ働き、血行を良くしたり、古くなった角質を取り除いたり等、美肌効果があると期待されています。

透明感

コメ胚芽油に含まれるγ-オリザノールには、メラニンの合成に関わってくるチロシナーゼという酵素の働きを抑える効果があることが分かっています。

コメ胚芽油には、活性酸素が原因となるメラニン色素の過剰生成を防いで、シミやそばかすにならないように働きかけます。

アテニアのアイクリームに配合されているコメ胚芽油の成分は、目元の血行を良くし、目元全体をふっくらとハリを与えるようにしていくんです。

アテニアアイクリームにマイオキシノール成分配合

attenireyecreamseibunなんといっても、アテニアのアイクリームの注目成分は、オクラの種子から採れる「マイオキシノール」です。

オクラの種子に含まれる天然成分由来の成分をバイオ技術によって合成したものです。

しわ・たるみの溝に効果的な成分で、塗るボトックスともいわれる「アルジルリン」という成分とほぼ同じです。

「マイオキシノール」は、副作用もほぼなく安心な成分として知られています。

表情じわなどで凝り固まった筋肉を柔らかくし、凹んだ部分をふっくらと持ち上げてくれる働きがあるんです。

また、アテニアのアイクリームは、皮膚の薄い敏感な目元に使うだけあって、アレルギーテスト済みです。

香料や着色料などなるべく無添加な所が敏感肌の方にも嬉しいポイント。

アテニアアイクリームの安心な点!

  • 合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー
  • 色、香りは天然の成分によるもの
  • アレルギーテスト済み

また、アテニアのアイクリームにシリコンオイル成分が含まれています。

心配…と思うかもしれませんが、シリコーンオイルは、化学的に極めて安定性が高く、安全性にも問題のある成分ではありません。

それでは、アテニアアイクリームのエネリブートGY以外の成分を紹介します。

肌をなめらかにする成分(エモリエント柔軟成分)

ジメチコン

シリコンオイルの1つ。肌に対してのなめらかな感触、水分を蒸発させないようにしてくれる成分です。

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン

シリコンオイルの1つ。無刺激で毒性もありません。しっとりとした感触で、肌への密着性に優れています。

イソステアリン酸イソステアリル

植物系エステルオイルの1つ。ホホバオイルやスクワランに似た、なめらかな感触の低粘性油剤です。

スクワラン

人の皮脂中にも5%ほど含まれている保湿成分。哺乳類や植物からとれるスクワレンに水素を加えて安定度を高めたのがスクワランです。

ベタツキが少なく、皮膚刺激もほとんどありません。

テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル

糖アルコールの1種、ペンタエリスリトールと脂肪酸の2-エチルヘキサン酸からできたエステル油。油性感が少ないながら滑らかな感触があります。

オレイン酸オレイル

オリーブオイル等から抽出される天然のエステル油。酸化しづらく刺激の少ないオイル。水と油を混じり合わせる乳化剤としても働き、肌なじみをよくしてくれる成分です。

シクロペンタシロキサン

ケイ素と酸素を主にしたシリコンオイルの1つ。さっぱりとした感触の成分です。

コメ胚芽油

アテニア独自開発の「エネリブートGY」に含まれている成分。目元の血行を良くし、目元全体をふっくらとハリを与えてくれる成分です。

コメヌカ油

米ぬかからとれる油。保湿成分のセラミドと同様の成分が含まれており、保湿力をアップしてくれたり、肌のバリア機能をサポートします。

オレイン酸やリノール酸を含み、肌なじみが良く、軽いつけ心地になります。米ぬかのみ含まれる「γ-オリザノール」という成分には高い抗酸化力があります。

アレルギーや皮膚刺激性はほとんどなく、安全性が高いと報告されています。

サフラワー油

ひまわりの種子から作られる紅花油。サラサラした油でさっぱりとした使用感。肌なじみがとても良く、肌を柔らかくする働きがあります。

酸化しやすいので、酸化しにくいオイルと一緒に使われることが多いです。

ダイズステロール

皮膚の表皮にある細胞間脂質「コレステロール」と似た構造を持つ保湿成分です。

水添レシチン

優れた保湿効果を持つレシチンに水素を添加させたものが水添レシチン。乾燥を防ぎ、肌を柔軟にするために使われている成分です。

トコフェロール

ビタミンE。抗酸化作用を持ち、肌荒れを防ぐ働きがあります。

保湿・湿潤剤成分

BG(ブチレングリコール)

保水効果がある成分。防腐効果を高めるので防腐剤が少量で済むというメリットも。低刺激性保湿剤です。

グリセリン

保湿剤の王様で吸湿性のある多価アルコール。

角質層を柔軟にしたり保水作用による保湿効果があります。(一般的なアルコール・エタノールとは全く別の物質です。)

ジグリセリン

保湿剤のグリセリンから反応、蒸留、精製して作られた成分で、グリセリンよりもしっとりとしています。

DPG(ジブロピレングリコール)

BGと同じ分類の多価アルコール。保水力が穏やかで軽い付け心地。防腐力を高める作用もあります。

PGより皮膚刺激が少ないということで、よく使われている成分です。

ペンチレングリコール

多価アルコールの一種。水分を包み込む働きをする成分です。

また、グリセリンと比べるとさらっとして、高い抗菌性を持っています。

加水分解酵母

アテニア独自開発の「エネリブートGY」に配合されている成分。美肌効果や透明感を与え、みずみずしくふっくらとさせる保湿作用があります。

シトルリン

皮膚の角質層にもあるアミノ酸の一種。水分保持機能があります。

アロエベラ葉エキス

アロエベラの葉から抽出されたエキス。ターンオーバーを整えたり、お肌のハリツヤを保つ成分です。

セイヨウキズタ葉/茎エキス

ヨーロッパからコーカサス地方に原産するウコギ科の多年生植物の葉や茎から抽出されたエキス。抗炎症作用があり肌あれを防ぎハリを与えます。

加水分解オクラ種子エキス(マイオキシノール)

オクラの種子から得られるエキス。顔の筋肉の伸縮を阻害する働きがあることから、表情じわ予防や改善が期待されています。

キサントフィル(ルテイン)

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種。紫外線から肌を守り、ブルーライトを吸収します。

アンペロプシスグロセデンタタ葉エキス(藤茶)

うるおいを与えて透明感を保つ植物性保湿成分です。

PEG-75

ポリエチレングリコールといわれる水溶性の合成ポリマーで界面活性剤。美容成分をより肌へ浸透するようにする成分です。

PEG75以上は、分子量が非常に大きく刺激も少ないと言われています。

デキストリン

でんぷんやグリコーゲンの加水分解から得られる低分子量の炭水化物の総称。
粘度調整や肌への吸着性の調整のために使われている成分。

エチルヘキシルグリセリン

消臭作用や抗菌作用のある保湿成分です。

天然の香料として使われている成分

ローズマリー葉油

精油(エッセンシャルオイル)で香料として使われています。

ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)

精油(エッセンシャルオイル)で香料として使われています。

オレンジ果皮油

精油(エッセンシャルオイル)で香料として使われています。

乳化剤成分

ジポリヒドロキシステアリン酸PEG-30

ヒマシ油由来の合成界面活性剤。皮膚の天然保護膜に似ており、乳化剤として使われています。

PEG-10ジメチコン

水とシリコン油を混じり合わせるための乳化剤として使われる界面活性剤です。

塩化Na

いわゆる食塩のこと。乳化物の安定性を高めるために使われている成分です。

増粘剤成分

キサンタンガム

よくドレッシングやソースなどのとろみを出すための増粘剤として使われています。温度による変化がなく、化粧品で使われるときは、増粘剤として使われている成分です。

ステアリン酸イヌリン

液状油をゲル化する増粘剤としての働きがあります。

ジステアルジモニウムヘクトライト

粘土鉱物に界面活性剤を吸着して得られる有機変性のペントナイト(粘土系増粘剤)です。

油性成分の増粘剤や使用感を良くするために使われることが多い成分です。

フェノキシエタノール

高い抗菌作用を持つ防腐剤です。

参考:コープ化粧品
参考:化粧品成分オンライン

また、原材料表示は、原材料の使われている量の多い順番に書かれていて、1%未満になると順不同となっているので、成分を見る時の参考になりますよ。

アテニアアイクリームは敏感肌でも使えるか口コミ調査

attenirkuchikomiアテニアアイクリームは、実際に敏感肌でも大丈夫なのか口コミ調査しました。

敏感肌の方でも安心して使えるかどうか、判断材料の1つとして口コミを紹介しますね。

クレンジングを購入したときにサンプル6包ももらい、使ってみました。
今までSK-2のアイクリームを使っていたのですが、全く遜色ないです。
お値段がリーズナブルで感動です。15gしっかり入っています。
これからはこちらをリピートしようと思います。
(52才敏感肌)
引用元:@cosme

リニューアル前も使ったことがありましたが、
リニューアルされてパワーアップしたように感じました。
濃厚になって即効性があるような気がします。

刺激はまったく感じないので、
敏感肌でも安心。
(41才 敏感肌)
引用元:@cosme

皮膚が薄いとよく言われる方です。
目の下にある細かいシワが少しでもマシになればと、色々調べた結果こちらを購入しました。他のアイクリームも使っていましたが、あまり効果なく、目元ケアをサボってました。

少し気味を帯びたやわらかいクリームです。
ビタミンですかね?特有の香りが少ししますが、気になりはしません。
毎日使って数週間、シワは消えませんが乾燥は改善した感じです。敏感肌ですが、トラブルもないので1本使い切って様子を見てみようと思います。
(35才 敏感肌)
引用元:@cosme

朝は少しつけると目元がふっくらし、化粧ノリがいいし夜は目元のケアとしてたっぷり塗っています。目尻の笑いジワが、目立たなくなったし夕方まで潤っている気がします。
(37才敏感肌)
引用元:@cosme

その他、口コミを敏感肌を検索条件に入れてチェックしましたが、特に、目元が荒れたといった口コミは見られませんでした。

attenireyecreamindex
アテニアアイクリーム口コミと実体験!即効性とハリ効果にガチ驚いたアテニアアイクリーム(アイエクストラセラム)の口コミ・実体験レビューを紹介します。実際に使ってみて翌朝に感じたしわ・ハリの即効性に驚き!。効果があったこと、使い方をお伝えします。初回限定特典は目が離せないキャンペーンなので最安値の購入方法になります。本気で目元のしわ・たるみ・くまをどうにかしたいと思ったなら必見の情報満載です。...

アテニアのアイクリームの成分は敏感肌でも使える

attenireyecream
アテニアのアイクリーム(アイエクストラセラム)の特長を含めた全成分、敏感肌でも使えるのかといった点を口コミを含め紹介しました。

実際に、私、敏感肌ですが、アテニアのアイクリームを使ってみて、目元が腫れたとか、ヒリヒリしたとか、かゆみが出た等そういったトラブルは、全くありませんでした。

私の失敗談

実は、エリ〇〇ールのアイクリームを使った事があるんですが、あくびをして涙が出ると、いつもかゆくなってたんです。

どうも、成分が合わなかったんですね。

それで、つい目をこすってしまってたんです。だから、アイクリームの塗り直しが必要になって、コスパが悪いなーと思ってました。

しかも、目元をこするとしわの原因にもなりますしね。

だけど、アテニアのアイクリームは、あくびをして涙が出ても、かゆくならないのでホッとしました。

アテニアには、フリーダイヤルやインターネットで、美容相談室のビューティアドバイザーに、疑問に思っていることや心配な点を質問できるシステムがあります。

また、商品到着後14日間以内であれば、送料負担なしで返品返金交換できるという制度があるので安心です。

もし、心配だなと思う時は、生理前や季節の変わり目といった体調や肌の調子が不安定になりがちな時を避けて使うことをおすすめします。